2018年04月28日

みてみて!(リッツナーサリー保育園)

色とりどりの花が咲き、植物の織りなす彩りが美しい季節になりました。
大きいグループの子どもたちは晴れた日には公園に出掛け、身体を動かしたりお砂あそびに夢中になったりと、暖かい陽射しの中で戸外あそびを楽しんでいます。

好奇心や言葉、運動面でもどんどんと成長を遂げている子どもたち。
鉄棒にぶら下がり、「みてー!!!」と大技(?!)を見せてくれたり、
「せんせー、みて!たんぽぽ!」と摘んできたタンポポの花を見せてくれたり、
「どうぞー♬」とプレゼントしてくれたりも…にこにこ

・「できるよ!できたよ!すごい?」という褒めて欲しい、認めて欲しいという気持ち
・自分が発見した事を身近にいる人と共有したい、嬉しさや喜びを分かち合いたいという気持ち
子どもたちが発する「みて!」の言葉には、そんな素敵な思いが込められています。
そんな子どもたちの「みて!」に、きちんと応えてあげられる存在でいたいなぁとふと思う瞬間ですにこにこ

小さいグループの子どもたちもバギーに乗ったり、保育士と手を繋いだりおんぶされたりしながら、戸外の空気に触れ、少しずつお散歩に出掛けられるようになってきました。

戸外あそびでは子どもたちの安全を最優先に考えながら、のびのびと身体を動かして遊んだり、四季の移ろいを感じたり、身近な生き物に触れたり、また、交通ルールを守りながら自らの安全を守りながら歩くことの大切さに気付いたりすることのできる機会となるよう、保育士一同努めていきたいと思います♬

CollageMaker_20180514_203254636.jpg
posted by りっつ at 21:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183104345
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック