2018年01月21日

児童英検(オレンジコース)

明けましておめでとうございます猟犬
昨年に引き続き、今年もよろしくお願いしますきらきら

さぁ長いお休みもあけて、
そろそろ生活のリズムと戻ってきたころでしょうか?にこにこ

昨年末ごろに児童英検の結果が返ってきました(*´◒`*)
SILVERとBRONZEを今回はみんなに受けてもらいました^ ^
ワクワクして受ける子もいれば、
緊張した面持ちで受けた子もいました電球

英検JrのSILVERやGOLDのレベルになると
問題の速さも上がり、難しくなってくるのですが、
たまにそれならば英検5級を受けてもいいですかと
ご質問があります。
英検Jrと英検ではやはり問題の趣旨が変わります。
英検ではきちんと"文"を読めなければいけません。
Jrの問題は多少単語を読む問題があっても、
リスニングが主体となります。

リッツでは幼児の間にしっかり耳を育て、
小学校に上がってから姉妹校のステップワールドで、
幼児の間にいれた知識を整理するようにしています。
一貫で英語力を育てていく、だから英検に強いんですね!
英検の協会からは毎年「奨励賞」を、
ステップワールド本社からは毎年「優秀教室賞」を
いただいてますきらきら

ただ、英検を受けることに対し、教室としては合否は気にしていません。
受けること、つまり"挑戦する"ということに意義を置いています。
受ける年度で問題の難易度も多少違います。相性だってあります。
試験になると緊張して実力が出しきれないこともあると思います。
レッスン時での応答がきちんとできていて、
実力が合格するであろうレベルに達していれば
それは評価すべきだと思っています。

試験を受け終わった際には
頑張ったことをきちんと褒めてあげると、
また子どもは頑張ろうと思ってくれます。

慎重になることも勿論大切ですが、
"挑戦"することの大切さを
この英検Jrを通して学んでくれたらなと思っています^ ^

image1[1].png

image2[1].png

image3[1].png

image4[1].png

image5[1].png
posted by りっつ at 22:06 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182202000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック